スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

海外EAの返金

海外EAは、どうやらアメリカで返金保証をつけなくてはいけない

というルールなのか法律?があるらしく、理由は問わず返金保障が大抵のEAに60日とかついています。

私も購入したVolatility Factor を返金請求してみました。 高いわりにパフォーマンスしょぼかった・・

返金の方法は簡単です、


EAを購入したときに"Plimus Sales"から送られてきたメールを開く。
件名:Receipt for your Payment (Ref# オーダーナンバー)
をコピーしておく

メール本文に、"If after two business days the issue remains unresolved, Plimus will be happy to assist you directly. To make a customer service inquiry regarding this purchase please visit:"という文言があるので、そのURLをクリック。

カスタマーサポートに飛ぶので、"Order Reference Number:"に、オーダーナンバーを入力、” Reply-to Email address:”にメールアドレスを入力し、"Refund"にチェックを入れ、次に。

"Refund Reason:"で返品理由を選択し、必要があればテキストボックスに具体的な返金理由を書き込む。

私の場合は 「too poor performance」 と 「パーフォーマンスが悪い」のでと言う旨を書きまして

Submitをクリックし、メーカーに返金依頼を送信しました。

その後のやりとりですが

まず Primasから「本当に返金でいいですか?
残念です、販売者に連絡をとります」
見たいなメールが1通とどきまして、

再度返金の意思は変わらない旨を以下の内容でPrimasに送信しておきました・・
「I'm not changing my mind, I hope refunded smoothly」


その後は
なんと再度、Volatility Factorのスタッフから

「バックテストを見て分かるように
今の相場にあっていないので今後はすばらしいパフォーマンスをみせるので
引き続きつかってくれ」、、的なメールが届きます。

結構しつこいのねぇ・・外人さんと思いつつ

「I don' belive in back tests、 and I’m not going to
change my mind」
「私はバックテストは信頼してないし、 返金希望を変更する気はございません」

とお返事して、 ようやくそこから5日くらいたって返金がなされました。

ちょっと手間かけさせるんですよね^^;

でも無事返金されました
関連記事
2012/06/08(金)
FX トラバ(0) コメント:(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/06/09 13:01 * [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。